ひざを守る

カラダの話

 ある週末近所の低山に登りました。翌日 おしりから太ももの側面にかけてすごい筋肉痛が来ました。大臀筋です。これだ!と思いました。マシーンは狙う筋肉が決まっていてそこだけをターゲットにして鍛えます。

 しかし日常生活における “階段を上る” “歩行する” という動きは関節周りを覆っている細かい筋肉群の連動によって引き起こされるのです。「体で一番大きな筋肉を鍛えよ」とよく言われるため 大腿四頭筋ばっかり鍛えていました。日ごろ使っていなかったおしりから太ももにかけての筋肉はひざを上に持ち上げてくれることを忘れていました。 しなやかに動ける筋肉をつくることを目標にしたくなりました。 たまたま参加したヨガのクラスが ストレッチ系ではなく筋トレのようにきついヨガで・・例えばダウンドッグから片足を天井にあげてハーフスコーピオンのポーズなど様々な筋肉を使って一連のポーズを行うのですっかりヨガのファンになりました。まだまだ訓練途中ですが階段の登り降りも苦にならなくなりました。

・・が、デスクワークで座りっぱなしの二十数年、脚も腰も弱るはずです

コメント

タイトルとURLをコピーしました