MUSIC SPECIAL

サラリーマンライフ

たまたま見た。おととい3月28日木曜の夜10時だった

中島みゆき 〜映像に命をふきこむ歌〜 – NHK MUSIC SPECIAL

曲目「地上の星」「ヘッドライト・テールライト」

「麦の唄」 2014年朝ドラ 「マッサン」、

「空と君のあいだに」1994年ドラマ「家なき子」

「銀の龍の背に乗って」 2003年 「Dr コトー診療所」

「命の別名」 1998年 「聖者の行進」

曲を聞いてるだけでドラマのシーンがよみがえる。もう一度ドラマが見たくなる。みゆきさんの歌はすごいね。

そういえば土曜日の夜の楽しみだった ブラタモリが終わっちゃった😢と思っていたら

「プロジェクトX」が始まるらしい。2002年の紅白、みゆきさんが 富山県の黒部ダムのトンネルの中で歌ったでしょう?あそこ真夏でも寒いのにドレスで歌う姿は神がかっていましたね。そしてまた「地上の星」「ヘッドライト・テールライト」を毎週聞けるなんてうれしい。

番組の中では流れませんでしたが、私は宙船の歌詞が 頭の中でぐるぐる回っていたことがありました。

流されまいと逆らいながら 船は挑み船は傷み

すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても

その船をこいでゆけお前の手で漕いでゆけ

お前が消えて喜ぶものにお前のオールを手渡すな

 中島みゆき 宙船 の歌詞より

これはサラリーマンなら一度は経験する、いや何度も経験してしまうワンシーン

上司に正しいと思うことを伝えたつもりが ブちぎれられて 「そりゃ言ったほうがいいよ」とたきつけた同僚も振り返れば「上司に恨まれていいことは一つもないよ」と退散していたあのころ。 「辞めてもらってもいいんだよ」・・・・いまならパワハラで労基に駆け込む事案。  辞めてほしいんだろうな・・・今やめたらあいつの思う壺!と思い続けたサラリーマン生活。 最後まで ”私のオール”は手渡さずに ここまで来ることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました